上位表示するためのSEOの基本と具体的な方法

「サイトの人通りを多くする」方法を学ぶ




自社の見込み客が検索するキーワードで、サイトにお客さまを呼び込む仕組みを構築することです。 単純に上位表示を目指すための施策とも言われていますが、上位表示だけに執着した施策は、最近ではほぼ無意味。
言葉の意味としては、Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)の略で検索エンジンの最適化をさします。
Googleのロボットがコンテンツを発見、内容の解読をしやすいようにする。(検索エンジンに、サイトのコンテンツを正確に伝える)
ユーザーが求めている結果を返す。(ユーザーに満足するコンテンツを提供する=他社よりも有益な情報をコンテンツとして提供する。)
この2点がSEO対策といえます。

検索順位はある程度は気にしてほしい。 検索順位によってクリックされる率は、やはり変わります。
だいたいですが、クリック率を平均化してみると、
1位だと約40%
2位だと約30%
3位~10位の間がほとんど変わらず10%台 といった感じで推移します。



「コンテンツSEO」=良質なコンテンツ作成

SEO対策といえばこれまではいかにたくさんのリンクを集めるか?が重要でした。
ホームページ内にどれだけ価値のある情報が書かれているかが最も重視される時代へとなっています。
今後のSEO対策はサイト訪問者が知りたいお得な情報、役に立つ情報などの価値のあるコンテンツを作成する対策が重要になります。
もちろん、htmlソースの知識や求められる情報の調査方法なども知っておきましょう。

ユーザーが欲している情報
サイトのテーマ(御社のビジネス)に合った情報
SEO対策に有効な語句情報
を意識していく為の講座です。

「SEO」を学ぶことでの効果実績

「SEO」=現状知り検証し、対策を練り、実行する。



・グーグルアナリティクスの見方を覚えることで営業チームとしての対策のレベルアップし新開拓の半分以上がウェブサイト経由。
・検索順位をアップさせる事で、新規顧客獲得、自社商品販売が独自で開拓できるようになり売り上げも利益率が飛躍的にアップ。
・Googleアナリティクスを学びネットでの収集を知る事で、アナログの市場でも効果が出やすくなった。
・新規顧客は全てウェブからの問い合わせという営業マンがいない小さな会社は、うちも含めたくさんいらっしゃいます。
現在の検索エンジンの動向を知り、検索エンジンを意識したタイトル付けやコンテンツ作り、運営するうえで何を注意したらよいのかを学びます。